ソラチカルートは現在使用できません

ポイントサイトで貯めたポイントを、81%という高レートでANAマイルに移行することができた「ソラチカルート」ですが、残念ながらポイント移行ルートが途切れ、現在使用することができません。
現在は、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を経由することで、75%のレートでANAマイルに移行することができる「TOKYUルート」が使われています。
「ソラチカルート」は閉鎖されてしまいましたが、「ポイント交換」という概念は参考になるため、この記事は削除せず残しておきます。

「ソラチカルート」という言葉をご存知でしょうか?
「ソラチカルート」とは、ポイントサイトで貯めたポイントを、JCBが発行する「ANA To Me CARD PASMO(ソラチカカード)」のメトロポイントに交換した上でANAマイルに交換するルートで、81%という高い交換率で交換できる必修ルートです。以前のソラチカルートでは90%という高い交換率での交換が可能でしたが、2018年4月にソラチカカードのポイント交換制度が改悪され、ポイントサイトからメトロポイントへ直接交換するルートが閉鎖されてしまいました。しかし、LINEポイントからメトロポイントへの交換ルートは現在も残されているので、今はLINEポイントを経由した後にソラチカルートに乗せる方法が、81%という最も高い交換率で交換する方法となっています。つまりは、ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換するための経由地が1つ増えたことになります。この新ルートが「新ソラチカルート」と呼ばれる交換ルートです。

ANAマイラーの三種の神器

ANAマイルを効率的に貯めるためには以下の準備が必要です。

ANAマイラー三種の神器

  • LINEアカウント
  • ポイントサイトの会員登録
  • ANA To Me CARD PASMO JCBカード(ソラチカカード)の発行

まずはLINEポイントです。2018年4月以降の「新ソラチカルート」では、ポイントサイトのポイントをLINEポイントに移行することからすべてが始まります。多くの方がすでにLINEアカウントをお持ちかと思います。もしLINEアカウントをお持ちでなければすぐに登録してください。
次にポイントサイトへの会員登録を行い、日々のお買い物、アンケートや案件をこなしながらポイントを貯めて行ってください。ポイントサイトのポイントを「新ソラチカルート」」で交換すれば、搭乗マイルやクレジットカードの決済マイルよりはるかに多いマイルを獲得することができます。今や100を超えると言われるポイントサイトですが、別の記事で安心かつ豊富な案件のおすすめサイトをご紹介していますので、こちらも是非参考にしてください。

ANA JAL マイレージ クレジットカード ポイントサイト の総合案内所 Mile de Smile
ANA JAL マイレージ クレジットカード ポイントサイト の総合案内所
ANA JAL マイレージ クレジットカード ポイン...

そしてANA To Me CARD PASMO JCBカード(ソラチカカード)は必ず発行してください。以下にご紹介する「新ソラチカルート」を使うことで、通常なら半分程度にまで低下する交換率を81%までアップすることが可能になる唯一無二のカードだからです。

LINE経由はポイントをANAマイルに交換するための必須ルート

ポイントサイトのポイントを高い交換率でANAマイルに交換するためには、LINEポイントにポイントを集約してからメトロポイント(ソラチカカード) → ANAマイルへと交換することが必要となります。この交換ルートは「ソラチカルート」と呼ばれ、直接交換より高い交換率でマイルに加算することができます。LINEポイント経由のルートでは、LINEポイントからメトロポイントへ90%の交換率、メトロポイントからANAマイルへ90%の交換率となり、最終的に81%の交換率になります。

このルートでANAマイルに交換する際の注意点は以下の通りです。

POINT

  • LINEポイント → メトロポイント → ANAマイル の交換には1~2カ月程度かかる
  • メトロポイントからANAマイルへの交換は20,000メトロポイント(18,000マイル)/月が上限

ポイントサイトからANAマイルに交換するルートは3種類

ポイントサイトからの交換ルートを説明する前に、マイラー必修のおすすめポイントサイトを5つ紹介しましょう。

最速でマイルを貯めるためには「ポイントタウン」「Gポイント」「モッピー」の登録は必須です!なぜならANAマイルに交換するために中継する「LINEポイント」への交換が早くて簡単だからです。
詳しくは後ほど説明しますが、これらのサイトは直接LINEポイントに交換が可能で、他のサイトからの中継点にもなるため、1つのサイトが2つの役割を担います。
2018年4月に改悪されたソラチカカードの入口封鎖以降、「ポイントタウン」「Gポイント」「モッピー」を活用しなければANAマイルは貯まらないというのが現状となっています。

MEMO
「モッピーのポイントはGポイント経由でLINEポイントに交換することが必要」と書かれているサイトが多いようですが、2018年12月現在はモッピーからも1ポイント=1LINEポイント(等価交換)で直接交換が可能になっています。

LINEポイント → ソラチカ → ANAマイル は必須の交換ルート

意外にも覚えていただく交換パターンは3つだけです。この3パターン全てに共通すること、それはポイントは全てLINEポイントにまとめることです。
LINEポイントからソラチカカード(メトロポイント)を経由することで、ポイントを81%のANAマイルに交換することができます。それぞれのポイントサイトのポイントをどのようにLINEポイントにするかが非常に重要になってきますので、そのパターンを3つだけ覚えてください。

ルート① LINEポイントに直接交換できる場合

「ポイントタウン」「Gポイント」「モッピー」はLINEポイントに直接交換することが可能です。

「ポイントタウン」「Gポイント」「モッピー」はLINEポイントに等価交換できます。そのため最速で81%のANAマイル交換が実現できるのです。「Gポイント」「ポイントタウン」からは概ね2~3日、「モッピー」からは5日程度でLINEポイントに交換されます。

MEMOGポイントはLINEポイントに交換する際、5%分の手数料が必要になります。しかしこのポイントに関しては後日キャッシュバックされるので実質等価交換となります。

ルート② Gポイント経由でポイント交換を行う場合

ポイントタウンやGポイントのようなLINEポイントに直接交換できるサイトは少ないのが現状で、ほとんどの場合、間接的に交換をすることになります。「モッピー」は直接交換が可能ですが、その場合には交換率が低くなってしまいますので、やはり間接的に交換した方がお得になります。「モッピー」と「ちょびリッチ」からの交換ルートではGポイント経由の経路を使いましょう。

「ちょびリッチ」のポイントを81%でANAマイルに交換するためには一度Gポイントに交換します。この交換は等価交換になります。それ以降はGポイントからLINEポイント→ソラチカ→ANAマイルというパターンを実践してください。ソラチカまでに「Gポイント」と「LINEポイント」を経由するということです。

ルート③ 色々経由しながら、何とかポイント交換を行う場合

あらゆるルートを駆使してなんとかLINEポイントにするという荒業です。
ここまで来るとポイントサイトごとに方法は変わってくるのですが、中継点として「Pex」に交換できればOKです。

MEMO「PeX」は今回ソラチカ入口封鎖の改悪に追い込まれた中継サイトです。以前はあらゆるポイントサイトからPeXに移行させソラチカにするためだけの中継サイトでした。

ここでは「ハピタス」の例で説明しますが、他のポイントサイトもほぼ同様のルートを辿れば大丈夫です。

これまでと違い中継するポイントが多くなりますので、ANAマイルに交換するまでに時間がかかってしまいます。しかしながら「ポイントタウン」「Gポイント」「モッピー」「ちょびリッチ」で案件がなかった場合、明らかに付与ポイント数が高い場合には有効な交換ルートとなります。

MEMO「ワールドプレゼントポイント」とは三井住友VISAカードを所有していると利用できるポイントのことです。
おすすめカードとしては「ANA VISAワイドゴールドカード」か、年会費無料の「三井住友VISAエブリプラスカード」がおすすめです。